本人確認なしでカードローンを利用するのは学生でも無理

Posted by sp-kanri on 2月 17, 2016
バレずに借りる

本人確認なしのカードローンは存在しない

カードローンの中には収入証明不要のタイプもあります。
最近は特にこのタイプが増えてきており、少額の融資だと収入証明の提出を求められません。
金融機関によって基準額に違いはありますが、銀行は300万円まで不要のところもあります。
消費者金融や街金などの場合は、50万円まで不要で、50万円超から必要とするところが多いようです。
これに対して本人確認は、すべてのローン審査にあるものです。
本人確認なしのローンは存在せず、あるとすれば悪徳業者くらいでしょう。
これからカードローンを利用する学生の方は、必ず本人確認はあると考えておきましょう。
本人確認なし、誰でも融資可能といった甘い言葉に乗せられてはいけません。

本人確認なしのローンがありえない理由

本人確認なしのカードローンは、少なくとも消費者金融や銀行では取扱していません。
運転免許証、健康保険証、パスポートなどの本人確認書類が不要だとするなら、誰でも無条件で借入できることになります。
自分ごとに置き換えるとよくわかりますが、どこの誰ともわからない人間に対してお金は貸さないでしょう。
相手の本名、住所、電話番号もわからない状態で融資しても、返ってくる可能性は極めて低いです。
お金を貸すからには、相手の個人情報を調べるはずです。
学生の方がカードローンを利用するときは、大手の消費者金融や銀行をおすすめします。
学生専用ローンと比べても、金利が低くなっているからです。
安全性の高い借入先は、誰もが知っている知名度のある金融機関です。

Comments are closed.