フリーランスの人のキャッシング申し込み時には職場確認なしです

Posted by sp-kanri on 2月 17, 2016
職場連絡なしで借りる

フリーランスのキャッシング申し込み

フリーランスの人のキャッシングの申し込みでは、そもそも職場自体がありませんので、職場確認なしとなります。無論、定収入がないのに貸し出しを通常は行いませんので、フリーランスとして確定申告を行い、住民税額の証明などが取得出来るはずですから、その証明を持って確認とすることはよくあります。ただ、定職を持つ人よりは審査が厳しくなる傾向にあり、職場確認なしであっても他の審査は他の人と同様に受けますので、審査が甘いわけではないことに注意をしなければいけません。なお、消費者金融やクレジットカードの場合には毎年収入の確認を行うため、定期的に年収の証明に類するものを提出しなければいけないことに注意が必要です。

職場確認なしの場合における審査の問題

フリーランスで仕事を請け負っている場合には、職場確認のしようがないのでそもそも確認は行われません。ただし、収入面において直近、どの程度の収入が合ったのかについては必ず確認をするものです。無職で収入がないのかあるいはしっかりと収入がある人なのかは、よく確認をするべき事項だからです。返済能力がなかったりあるいは返済を行える余力がない人に、貸し出しは行いません。したがって、銀行系カードローンの場合は通常必要がないことが多い所得証明に関して、提出を求められることが多くなります。その点には注意をして対応をしていくことが求められます。事前に仮申し込みを行っている場合は、その内容と齟齬が大きい場合には審査が通らないこともあるので注意が必要です。

Comments are closed.