在籍確認なしのキャッシングはアルバイトでも利用できるが遅延には注意

Posted by sp-kanri on 2月 13, 2015
バレずに借りる

アルバイトをしている人は、キャッシングを利用する前に不安なことが多いはずです。
しかし利用前に感じている不安は、杞憂に終わるものも多くあります。
例えば、アルバイトだと審査に通らないといった不安は、消費者金融に申し込みをすることによって解消可能です。
消費者金融は銀行に比べて審査が緩いので、パートや個人事業主でも利用することができます。
審査に通過することができても、アルバイト先にかかってくる在籍確認が不安な人も多いでしょう。
消費者金融からかかってくる電話も、在籍確認なしのキャッシングを選べばかかってくることはありません。
仕事先に電話がかかってくると、周囲から不審な目で見られると不安になるモノです。

しかし、在籍確認なしのキャッシングを選ぶことによって、不安は解消することができます。
申し込み前に感じる不安は、返済が滞ったときのことも感じるでしょう。
返済が少しでも遅れてしまうと、すぐに自宅や仕事先に取り立てに来ると思う人は多くいます。
仕事先に取り立てに来られたら、在籍確認なしのキャッシングを選んだ意味がありません。
一発で、お金を借りていたことがバレてしまいます。
しかし返済が遅れてしまっても、いきなり取り立てにくることはありません。
ただし返済が遅れる、遅延損害金を支払わなければいけません。
遅延損害金は通常の金利よりも高くなるので、賢く在籍確認なしのキャッシングを利用するなら、返済が遅れないように気を付けましょう。

再審査にならないアルバイトでも在籍確認なしでキャッシングできる方法

お金を借りるためには、貸金業者が定める条件を持っている人が申し込みを行い、そして業者が基準を設けている審査に通らなければ許可は下りません。その審査のなかで申し込みした人が最も嫌うと言われている在籍確認があります。嫌う理由としてはキャッシングローン申込みのための在籍確認で勤め先の同僚に発覚する可能性があるからです。

この在籍確認なしの貸金業者を探している人も多いですが、残念ながら在籍確認なしという業者が少ないのが現状です。在籍確認というのは審査のうえで重要なことですので、どの業者も必ず実施しています。会社に電話をしない在籍確認なしという方法であれば収入証明書または直近の給与明細の提出を行うことができますが、なんらかのかたちで在籍確認はあります。

そしてアルバイトがキャッシングを利用する時も在籍確認があります。この確認がとれないと再審査になり、何回か在籍確認を行い取れない場合は収入があることを証明する書類の提出を求められることになるでしょう。再審査にならないためにもしっかりと在籍確認ができる状況をつくってください。

特にアルバイトの人は勤め先に在籍確認をされるのを嫌います。正規雇用ではない理由で勤め先の方針から在籍確認が取れないこともあります。多いのは個人情報の観点からとバイト先に家族以外の個人名で電話を掛けてくる人を受け継ぐ理由がないことになります。アルバイトの人でもキャッシングを行うことができますが、少々ハードルが高くなるのが実態です。

Comments are closed.