親バレせずに在籍確認なしのキャッシングを利用する注意点

Posted by sp-kanri on 2月 13, 2015
バレずに借りる

消費者金融のキャッシングには申し込み条件が設定されているわけですが、最近では主婦や学生など幅広い人たちに融資を行っている金融業者が増えていると言えます。
キャッシングを利用するときの注意点と言えば、親と同居をしているときに電話確認などをされることで、消費者金融から借り入れをしていることを親バレすることだと言えます。
借り入れについては個人の自由ですし、親バレしたくないものと考えられますので、電話確認を回避できる消費者金融業者がおすすめになります。

三井住友銀行グループのキャッシング会社としてモビットがあって、在籍確認なしで借り入れ可能なサービスを行っています。
モビットのWEB完結申し込みを行うことで、勤務先への在籍確認なしで借り入れが可能になりますし、インターネット上で手続きを完結できるシステムになっていますので、店舗や自動契約機まで行く必要もありません。
モビットからの借り入れをWEB完結させるためには、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行の普通預金口座が必要になる条件ですので、事前に用意しておくことがおすすめです。
在籍確認の作業を省くことが可能になる代わりとして、社会保険証や組合保険証の提出が必要になります。
もちろん、キャッシングを利用する契約として、運転免許証や健康保険証などの身分証明書になる書類についても提出しなければなりませんので、用意しておきましょう。
在籍確認なしで借り入れするためには、いくつかの条件がありますが、書類の提出はスマートフォンや携帯電話を使って行えます。
これらの注意点を守って申し込みを行えば、在籍確認なしでモビットのキャッシングを利用できるようになります。

在籍確認なしでキャッシングをしたけれど差し押さえで親バレするケース

在籍確認なしでキャッシングできる貸金業者も増えてきましたが、その多くは銀行カードローンである専業主婦向けの商品に多いのが特徴です。勤めていて一定の収入を得ている人には在籍確認なしというカードローンは少なく、あっても何らかの形で在籍確認を行います。勤めている事実を証明するために在籍確認なしという貸金業者が少ないのが現状です。

なぜこの在籍確認なしの貸金業者を多くの人が探すのかというと、親バレや会社にバレることを嫌う人が多いからです。貸金業者も本人が住んでいる確認をするため自宅に電話をかけてきますので親バレの可能性もありますし、また会社に在籍確認があると電話をとった同僚が勘が良い人であればキャッシングの申込みと発覚することもあります。このようなことで申し込む人は在籍確認をひどく嫌うことが多いです。

またそのほかにもバレてしまうケースがあります。それは差し押さえ処分になった場合です。返済をせずにそのままにしておくと、貸金業者も債権を回収するために差し押さえをしてきます。そうなると給与も差し押さえされますので、会社の経理にはわかりますので噂が広まり会社にバレることもあるでしょう。また親バレの可能性も否定できず、今まで給料が入っていた分が少なくなったことで発覚することがあります。重要なのは返済を怠らなければ、そのようなことにならないことです。しっかりと返済期日を守ってキャッシングは計画的に利用しましょう。

Comments are closed.