在籍確認なしで会社にバレるのを回避できて、千円単位からキャッシング可能

Posted by sp-kanri on 2月 13, 2015
バレずに借りる

キャッシングのサービスを行っている、人気の高い消費者金融会社としてプロミスがあります。
キャッシングを活用して融資を受けたいと考えている人の中には、自分の勤めている会社に電話がかかってくることを気にする人も少なくないでしょう。
キャッシングの申し込みをすると、返済能力があるかどうか確認するために審査を受けることになりますし、勤務先に在籍しているか確認が行われることになります。
在籍確認の電話は消費者金融会社からかかってきたことがわからないようになっていますが、やはり会社にバレることが心配な人もいます。

借り入れをしていることが会社にバレるのを回避したいときには、在籍確認なしで借り入れが可能な手続きをする必要があります。
プロミスのキャッシングでは、在籍確認なしにできるように申し出ることが可能です。
職場への在籍確認をする代わりに、必要な書類を提出することによって在籍確認なしで借り入れることができます。
会社に在籍していることを証明できる書類としては、直近の給与証明書や勤務先の健康保険証などの書類があって、それらの書類を提出する必要があります。
プロミスでは利用しやすいサービスが行われているために、提携先のATMも数多く用意されていますし、コンビニATMを使って千円単位から借り入れや返済ができるシステムになっていますので、大変便利に活用できるキャッシング会社と言えます。
審査スピードが速いので即日融資を受けることもできることで、とても人気のある消費者金融会社となっています。

在籍確認なしのキャッシング申込みと債務整理は会社にバレる?

在籍確認なしでキャッシングをすれば、会社にバレることはありません。在籍確認を勤め先に電話を掛けて行われると、会社にバレることがあります。この多くは貸金業者の不手際ではなく、同僚の直観になります。貸金業者は会社名を名乗って電話を掛けずに個人名で掛けてきます。個人名で電話が掛かることが少ない会社であれば、キャッシングの申込みだと勘繰られることになります。よってそのことを嫌うことから在籍確認なしで審査をしてくれる貸金業者を探す人が多いです。

在籍確認なしで審査を行うと貸金業者もリスクを抱えることになりますので、必要不可欠な審査になります。勤め先に連絡が来るのを嫌がる人のために、収入証明書を提示することで在籍確認をしたと判断する貸金業者もいますので、一度相談するのも良いでしょう。事情を説明すれば業者も対応してくれるところが多いです。

また会社にバレる原因になるひとつとして返済が遅れている人になります。貸金業者から返済の催促電話を無視し続けることで、会社にも催促の電話が掛かるようになります。またそれさえも無視しておくと督促状が届き、最悪の場合は給料を差し押さえられることになります。そうなると会社の経理に差し押さえの事実が発覚されます。そのような事態にならないために借金の返済に困ったら債務整理を検討するようにしましょう。借金問題が会社に発覚すると在籍し辛くなることもありますので、返済はしっかり行いましょう。

Comments are closed.